たまには散策も。。。
まったりした土曜日の午後。
靭公園あたりを散策。
いつも行かない方へ行ってみたら“paticceria PIANO PIANO”発見。
こんな所にあったのかぁ・・・。
早速、テニス帰りのマダム達にまぎれてみる。

c0083889_23333019.jpg
このカプチーノのかわいいこと♪
飲むのがもったいない。。。
「ごめんね」と飲みかけたら、うさぎと目が合ってまるでキスしてるみたい。。。
ケーキはクロスタータ・フルッタ。
大好きないちじくと巨峰ものっていて、満足。

紀伊國屋に2時間近く。図書館代わりみたいに・・・ごめんなさい。
雑誌でみかけたお店に行ってみようと南船場へ。
そのお店はみつけられなかったけど、かわいい雑貨やさん発見。
c0083889_23423486.jpg2006/7/7にopenしたばかりのお店、“griffith”。
お店にあるもの、両手いっぱいに抱えて持って帰りたい!
リネンの糸を発見。この糸、もしかして“LINNET”の?
ネットを見るたびに買いたいなぁ・・・と思っていたもの。
でも、全色欲しくなって今まで買わずにいたけど・・・
一色だけ買おう。
オイルペーパーバッグのパニエ型。
お菓子をプレゼントするのにいいなぁ。
うきうきしている私の耳に「さっき皆川さんが来て下さったんですよ・・・」。
皆川さん?“mina perhonen”のデザイナーの?まさかなぁ・・・。
帰りに外に出て、まさかじゃなかったことに気付く。
何軒か隣にあるセレクトショップ、“eu”
9/15からmina perhonenのパートナーショップになったらしい。
minaの服は、ちょっとお高くて手が出ないけど、ファブリックデザインがとても素敵。
そのデザイナーの皆川さん。
一度、ご本人に会ってみたかったなぁ。。。

今日のお散歩は、なかなかの収穫。
[PR]
# by hana_in-a-forest | 2006-09-16 23:42 | おでかけ | Comments(2)
好きなこと
髪の毛を切った。
切ってもらうのもさることながら、髪の毛を洗ってもらうのが好き。
一回目は軽く。二回目はかなり丁寧かつ力強く。
髪の毛を洗うというよりは、むしろ頭のマッサージに近いように思える。
軽く泡立てたシャンプーが冷え冷えになるまでそれは続く。
髪の毛の生え際から頭のてっぺん、後頭部まで。
細かく、すばやく、リズミカルに。
時に指の腹でギュギュッとマッサージ。
何て気持ちいいんだろう。。。
毎日でも洗ってもらいたいくらい。
約10分の至福の時。

ジムの「クロール初級」を受けてみた。
泳げないわけではないけど、きれいなフォームで悠然と泳ぎたいと思ったから。
脚の間に浮きをはさんで手だけで進む。これが何とも難しい。
正しいフォームでないと体が上下左右にグラグラ揺れてしまう。
なんてこと。今まではスピードでその揺れを抑えていたことがよくわかる。
手に集中するとお腹が下がる。
手にも足にもお腹にも・・・色々考えるとおもしろいくらいにバラバラな泳ぎになった。
じゃあ、自分の泳ぎ方で・・・と思ったら、戻せなくなってた。
後ろに戻れないなら前に進むしかない!!
目指せ、しなやかなスイマー☆

疲れたので、ただただプカーっと浮いてみた。
気持ちいい。。。
この間からずっと思っていたけど、水の中で漂っているのが好きみたい。
周りに人がいるんだけど、水の中でボーっとしていると自分1人の世界みたいに思える。
誰かのバタ足の音も、呼吸している音も、水の中では心地いい。
いくら好きでも、ずっと水の中にいるわけにはいかない。
至福の時というのは、短いもんなんだなぁ。

[PR]
# by hana_in-a-forest | 2006-09-13 23:26 | もの思ふ | Comments(2)
美ら島(ちゅらしま)日記 ~宮古島 最終日
c0083889_2236937.jpg宮古島に来て4日目の朝。
今までで一番晴れてる!!
空の青も、海の碧さもすがすがしい。

まるで住み慣れた場所から離れるかのように
少し淋しさを感じながらチェックアウト。
今日は島の残りを観光。c0083889_223736100.jpg
ミヤコヒキガエル発見。


◇来間(くりま)大橋→来間島
お天気のいい時に、もう一度行きたい!!と来間大橋へ。
全長1169mの農道橋は海の上を走れて気持ちがいい。
空の青・白い雲・エメラルドグリーンの海、そして島の緑。
なんて素敵なコントラスト。
c0083889_3182964.jpg

“来間島憲法”に書いてあった。
「住民は、屋敷内にブーゲンビリアの花を1本以上植える。
・・・ハイビスカスの花を1本以上植える。」などなど。
すてきな憲法。まだ続く。
「来島者は、来間島の如何なる場所(海にも)に於いても
ゴミを投棄・放置してはならない。」
もちろん。
全て来間島を美しく保つためのもの。
ここが重要。
「来間島憲法は、とくに強要されるものでなく、
各個人の任意の協力を要とする。」


c0083889_1815548.jpg竜宮展望台から360℃のパノラマビューを堪能。
晴れててうれしい・・・けど、やっぱり暑い。。。
涼をもとめて、すぐ近くの“楽園の果実”なるcafeへ。
赤い瓦屋根にシーサーが座っていてかわいい。
手前は『完熟マンゴーフロート』、奥はドラゴンフルーツ。
フロート部分はヨーグルトジェラート。
涼しいし、あまずっぱくて冷たいし、おいし~。
来間島に別れをつげて宮古島に
・・・と思ったけど気になるもの発見。
来間島小中学校。
校舎はどこにあるの??


◇砂山ビーチ
両側を緑に覆われた、砂丘のような小高い丘を登ると、
目の前にパウダーサンドの白浜とエメラルドグリーンの海が広がる。
トンネル状の奇岩を横目に波打ち際にジャブジャブ入っていく。
何?この透明度は??
今日は泳がないと決めたのに、また海に入りたくなってしまった。
がまんがまん。。。
c0083889_1819494.jpg

c0083889_1824798.jpg宮古島をさら北上。
池間大橋へ向かう途中にある“すむばり亭”。
タコ料理が有名なお店で『すむばり丼』なるものをいただく。
タコに野菜、温泉卵。決め手はやはりモズク。
これが何とも言えないネバネバ感。
見た目はともかく、味はなかなか。

その後、“雪塩製塩所”を見学。
パウダー状でサラサラの雪塩は、約5万年前のサンゴ石灰岩層から汲み上げられた地下水が原料。
ニガリ分を含んだままなのに、全然苦くない。
おまけにミネラルたっぷり(世界一含有ミネラル数の多い塩としてギネスで認定されている)。
ふ~ん、なるほど。。。と感心しておみやげ購入。


◇池間大橋→池間島
宮古島の北端と池間島を結ぶ池間大橋(全長1425m)。
真っ青な海の上に架かる橋・・・なはずが、この頃からスコールのような雨。
あー、、、残念。
島をくるりと一周して戻ってくる。

c0083889_1841527.jpg


c0083889_1844726.jpg宮古島最後の晩餐は『海老カレー』@cafeカラカラ。
ライスが宮古島の形をしている。海老も島のかわり。かわいい♪
オーナーのご家族は、神戸から移住されてお店をopenされたとか。
神戸というだけで、何となく親近感を覚える。
cafeだけでなく、シュノーケリングツアーなどもやっておられる。
今回行けなかった八重干瀬。
次はここを拠点にどうかしら?

次?いつ行こうかなぁ。。。
[PR]
# by hana_in-a-forest | 2006-09-09 23:25 | おでかけ | Comments(0)
美ら島(ちゅらしま)日記 ~宮古島 3日目
c0083889_3521163.jpg朝食のバイキング。
大好きなパンケーキを焼いてもらう。
あったかいし美味。
日焼け止めを塗り忘れて真っ赤になったデコルテのために、フルーツでビタミンCをたっぷり補給。
c0083889_3523167.jpg島の東端へと向かう途中で。
なぜかヤギ。
必ず目に入るサトウキビ畑
苗を植えてから収穫するまで1年半。
長いなぁ。。。
c0083889_3525342.jpgとある鍾乳洞。
中には泡盛のビンが並ぶ。
預かってもらって熟成させるそう。
それにしても鍾乳洞って、何だか神秘的。

◇東平安名崎(ひがしへんなざき)
宮古島の最東端、約2kmにわたる細長い岬は日本公園都市百景に選ばれている。
北に東シナ海、南に太平洋を望むことができる。
どこを見ても、海・海・海。パノラマ状態。

c0083889_425724.jpg


◇吉野海岸
白い砂浜から海に入ると、すぐに珊瑚礁が広がっている。
色とりどりの熱帯魚がいっぱい!!
シュノーケリングには最適。
サンゴ(というよりイソギンチャク?)と共生しているお馴染みのクマノミに、
小さい水色のはデバスズメ(多分・・・)。
c0083889_133348.jpg
サンゴは生き物。
むやみに触ったりフィンで蹴ってしまったりしてしまわないよう要注意。
そのためにもライフジャケットを着用。
もちろん自分の身の安全の確保のためにも。
こんな素晴らしい珊瑚礁を、平気で踏んで歩く人がいた。
びっくり。大声で呼ばれても知らんぷり。
海や自然にやさしくない人は、きっと人にも優しくないと思う。
・・・そんな人がいることに、なぜかちょっとかなしくなった。


◇長間浜(なーまはま)

c0083889_212344.jpg来間(くりま)大橋を渡り来間島へ。
隠れ家的ビーチの長間浜。
・・・だったのに業者が入って観光化されちゃった模様。
夕暮れ時に撮ったけど、肝心の夕日はあまりきれいに見られなかった。

◇ばんごはん @平良市街
c0083889_2153095.jpgゴーヤーと島豆腐のサラダ・梅ドレッシング。
これはシンプルだけどおいしい。
帰ってからも作りたい一品。

食後に沖縄と言えばブルーシールアイス。
紅芋テイスト。
[PR]
# by hana_in-a-forest | 2006-09-08 23:34 | おでかけ | Comments(4)
美ら島(ちゅらしま)日記 ~宮古島 2日目(ばんごはん編)
c0083889_2251268.jpg夕暮れ時にプールサイドでカクテルパーティー。
パーティーってほどではなかったけど、好きなカクテルが楽しめる。
私は軽くワインクーラー。
フレッシュなオレンジが入っていて、サングリア風で美味。
おかわり~!!
おつまみの島らっきょう。これには泡盛の水割りがよく合いそう。
こんな風にのんびりと出来るなんて、なんて贅沢な時間の使い方。
時間がゆっくり流れてるなぁ。

ばんごはんは、少しリッチな気分で。
『特撰宮古牛と極上石垣牛と幻の豚の食べ比べコース』。メインダイニングにて。
c0083889_2514443.jpg

・食前酒  スパークリングワイン ロゼ
・先付け  自家製ジーマミー豆腐(ヨモギ味噌で)
・スープ  宮古産紅芋冷製スープ
・お造り  トロ・ホタテ・甘海老のカルパッチョ仕立て
・焼き物  特撰宮古牛と極上石垣牛と幻のアグー豚、活鮑
・温野菜  宮古地野菜盛り合わせ(紅芋、エリンギ、ししとう、かぼちゃ、たまねぎ、ズッキーニ)
・料理長おすすめの一品 ぞうり海老の海水蒸し
・中皿   アップルマンゴーとアボガドの和え物
・お食事  カラスミ茶漬け
・デザート ジーマミー杏仁豆腐、黒糖アイスの黒蜜かけ、ハイビスカスティー 
何と贅沢な食べ比べ。
宮古牛は雪塩で、石垣牛はサンゴ塩で、アグー豚は赤塩でいただく。
シンプルにお塩でいただくと、お肉のジューシーさが倍増!!
見たままの名前、“ぞうり海老”。
海水でスチームした海老は何もつけないでも、ほんのり塩味。
これまた美味。甘い感じ。
最後にさっと炙ったカラスミの乗ったお茶漬け。
お腹いっぱいなのに、さらさらっと食べれてしまった。。。
あ~、満腹。
[PR]
# by hana_in-a-forest | 2006-09-07 23:59 | おでかけ | Comments(4)
美ら島(ちゅらしま)日記 ~宮古島 2日目(ダイビング編)
ちょっと曇り空。
ダイビングショップの方が8時に迎えに来られるということで、早起き。
7時から朝食。
バイキングに一番乗りなんて初めてやわ。

c0083889_2174952.jpg←和食。
体に優しい系の
沖縄料理がたくさん。
ごはんも
白米・玄米・おかゆ
が選べる。
お味噌汁の具も
いっぱい!!

宮古島は珊瑚礁が隆起して出来た島(と最近知った)。
島に川がないため、海に土砂が流れ出ることもないから海がとってもきれいで透明度が高い。
そんな宮古島の北15km程にある珊瑚礁群が八重干瀬。
そこに行きたかったけど、この時期は北風が吹くと出港しないこともあるため断念。
下地島付近で潜ることに。

何を隠そう、ダイビングのライセンス(Cカード)を持ってはいるものの、潜るのは久しぶり。
それでも3年前位かなぁ・・・と思ってたら何と8年ぶり。
タンクとホースのつなぎ方とか、やり出したら思い出したけど、やや緊張。
予習はしてきたんだけど・・・。
それにしてもダイビングの器材って、何て重いんだろ。
早く海にドボンと潜りたいわ。

c0083889_3215194.jpg1ダイブ目のポイントは“クリスタルパーク”。
水深10m程の砂地に珊瑚の根が6つ。
珊瑚礁の周りには、これでもか!!っていう位の魚がいっぱい。
いつまでたっても全く魚の名前を覚えられないけど・・・。
ベラの仲間とか、ハギの仲間とか、クマノミの仲間とか、etc...
楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、潜水時間51分とは思えない。

2ダイブ目の前に、一度港に戻ってランチタイム。
ショップのスタッフ手作りの沖縄料理。
これが結構おいしかった。昼からも潜ると言うのに、もしかしたら船酔いするかもしれないのに、バクバク食べてしまう。

午後から、お天気はますます良くなってきた。
2ダイブ目は“中之島ホール”。
ここは水深25mから横穴をくぐって行くと、天から眩しい光が差し込むポイント。・・・なんだけど、うねりが強いので逆行。25mの洞窟を潜行していくパターン。
これが大変だった。。。
なにしろ真っ暗な洞窟。
右手はライトを持ちながら岩を持つ。左手は耳抜きで鼻をつままなくてはいけない。
油断すると急速に落下して耳がキーンとなる。
底について、あまりにもホッとしたから上を見上げるのを忘れた。
天からの眩しい光・・・を見るのを忘れてしまったのだ。
何のために25mも潜ったんだか。とほほ。。。
横穴から這い出てからは楽しかった。
アンカー付近で大きなオコゼが!!これは猛毒があるらしい。
アマミスズメダイ、かわいかったなぁ。

他のダイバー達が3ボート目を潜っている間、私はボート付近でシュノーケリング。
これはこれで、ぷかぷか浮いてて楽しい。
お魚もそれなりにいるし。
目の前にある下地島には、日本で唯一のパイロット訓練飛行場がある。
ちょうどこの日もANAの2機が交互に延々とタッチ&ゴーを繰り返している。
海から間近に飛行機が見れるなんて、ちょっと楽しかった。
「一生に一度、下地島に飛行機の写真を撮りに行きたい。」と言っていた上司。
お先にごめんなさい。
おみやげに飛行機の写真を!!と思って水中インスタントカメラで何枚も撮ったのに
ブレブレで見せられたものじゃなかった。残念。
水中の写真も、日光があまり届いてないのかぼやけた水色の写真になってしまったし。
ダイビングがもっと上手になったら、デジカメ用の防水カバーを買いたいなぁ。
[PR]
# by hana_in-a-forest | 2006-09-07 23:12 | おでかけ | Comments(2)
美ら島(ちゅらしま)日記 ~宮古島 1日目
ちょっと遅めの夏休み。

関空から那覇経由、宮古島へ。
お昼前の那覇空港。ちょっと早いけど、お昼ご飯にソーキそばを食べる。
ソーキそばには付き物のコーレグース(島唐辛子の泡盛漬け)がどこを探しても見当たらない。
あれをかけると格段においしさがUPするのにな。

飛行機を乗り継いで宮古島へ。
少し曇っているけど、天気予報通りの雨じゃなくてよかった。ホッ。
お迎えの車で、島の南沿岸“シギラベイサイドスイート”へ直行。
今回の旅は、とにかくゆっくりのんびりするぞー!!とここに決めた。
なので、敢えて事前にスケジュールを立てず、24時間対応のコンシェルジュデスクをフル活用する予定。
ホテルに一歩入った途端、リゾート気分が高まる。

c0083889_118589.jpg

オーシャンビューの部屋は、アジアンテイスト。
居心地がいいと思ったら、床が家と同じ木目調のフローリング。
窓辺のデイベッドで、本を読みながらのんびりしてお昼寝したいな。
テラスからはゴルフ場のグリーンと、青い海が一望できる。
アメニティはロクシタン。ふかふかのタオルもたくさん。
暮らすように、のんびり過ごせそう。


チェックイン前に時間があったので、近くのCAFEへ。
車で送ってくれるとのご好意を断って、散歩がてら歩いた・・・のを途中で後悔。
徒歩15分の距離が暑くてたまらない。
CAFE横の雑貨やさんのクーラー前で涼む。
タイだかフィリピンだか忘れたけど、輸入雑貨の木のお皿などを購入。
CAFEで、パンプキンケーキとアイスティーをいただく。
あ~、涼しいし、おいしい。

天気予報を見て、2日目にダイビングをすることを決めた。
コンシェルジュのお姉さんに予約を入れてもらう。
北風が強いとのことで、珊瑚礁いっぱいの八重干瀬は断念。

目の前に海があったら、泳がずにはいられない。
遠浅なので大分先まで歩ける。
なので浅瀬からシュノーケル気分で泳いでいく。
・・・と、きれいな色の魚がいるいる。
夢中になっていると、とっくに足のつかない深さ。
それでも1時間近くパシャパシャ泳いでは潜ってを繰り返す。
砂浜に戻るとくたくた。海の中の浮力を思い知る。
シャッターチャンスがいっぱいあったのに、もったいないことしたなぁ。

c0083889_1504136.jpg今日の晩ごはん。
平良市街の漁師さんのやっているお店で。

  お決まりのorionビール。
  ゴーヤーチャンプルー
  お刺身盛り合わせ
  カワハギの塩蒸し
  伊勢海老汁とおにぎり


どれも素材そのもののおいしさ。
さすが漁師さんのお店だけあって、お魚がおいしい~。
カワハギなんて脂がのってて最高。

あ~、満腹。
[PR]
# by hana_in-a-forest | 2006-09-06 23:58 | おでかけ | Comments(2)
南の島で…
c0083889_13531963.jpg

休憩中。

[PR]
# by hana_in-a-forest | 2006-09-06 13:53 | おでかけ | Comments(2)