タグ:お茶 ( 31 ) タグの人気記事
安徽省のお茶。
暑いも涼しいも、心の持ちよう一つ。
・・・なんて言えるほど達観できてはいないけれど、
見た目の涼しさも必要だなぁと感じた一日。


c0083889_0424492.jpg

[PR]
by hana_in-a-forest | 2016-07-21 19:20 | まなぶ | Comments(0)
黄色いお茶。
今まで飲んだことのある韃靼そば茶とは似て非なるもの。
質の良い蕎麦の実は淡いクリーム色をして甘い香り。
ローストも浅く、お湯を注ぐと何とも言えない鮮やかなレモンイエローのお茶に。
不思議。。。
ガラスのトールガラスや銅の煮水器、いいお道具もそろえたいなぁ。

c0083889_23343687.jpg

[PR]
by hana_in-a-forest | 2016-05-19 23:33 | まなぶ | Comments(0)
秋の香り。
月一のお茶の教室に向かう途中、ずっと金木犀のいい香り。
そんな日にいただいたお茶は、金木犀のように香り高いお茶。
外からの花の香と相まって、何とも優雅な気分に。。。


c0083889_21503979.jpg


こちらは旱蓮木(かんれんぼく)。
初めて見た!
まるで・・・バナナみたい。

c0083889_21504657.jpg

[PR]
by hana_in-a-forest | 2015-10-15 21:48 | まなぶ | Comments(0)
夏の日のお茶のお稽古。
暑い夏の日の中国茶のお稽古。
台湾で栽培されたというオーガニックのジャスミンの花。
それはもう香り高く、いつまでもそばに置いておきたいくらい。
見た目も涼しげ。

c0083889_328663.jpg


こちらの麺も美味しかったなぁ。
最近少しパクチーを食べられるようになりました。

c0083889_3282555.jpg

[PR]
by hana_in-a-forest | 2015-08-20 20:23 | まなぶ | Comments(0)
安徽省のお茶。
梅雨ですね。
朝から雨だと憂鬱だったりするけれど、雨のおかげで緑の香りが濃くなったり、
空気がきれいだと感じたり、いいこともたくさん。

そんな中、月一お茶のお教室へ。
ここへ来ると、いつも自然が近く感じられて、こんな所に住みたいなぁと思ってしまう。

今日いただいたお茶は、黄山毛峰と祁門紅茶。
どちらの安徽省の新茶も美味しかった。
でも今一番思い出す味は、自分がお茶席に入った時にいれたお茶。
集中力の違いなのかな?

c0083889_2147279.jpg


神戸六甲のMORISさん()で「恩塚正二展」開催中の6/20,21,24の3日間、
乃月先生のお茶(中国雲南省の新茶)がいただけます。
今後、MORISさんでも不定期でお茶のお稽古されるそうですよ。
ご興味のある方はぜひ♪
[PR]
by hana_in-a-forest | 2015-06-18 21:25 | まなぶ | Comments(0)
貴州省のお茶。
日頃の雑多なことは忘れて、お茶を楽しむことだけに集中できる時間。
でも、点心の香りが漂ってくると意識がそちらへ・・・。
美味しいものの誘惑には勝てません。

c0083889_22794.jpg

[PR]
by hana_in-a-forest | 2015-05-21 22:05 | まなぶ | Comments(0)
空間。
月一のお茶のお稽古。
いつものことながら、部屋に入った途端すっと集中できるような空間造りが素敵。
そして毎回思う。
「引越したい。」
物の移動ではなく、まっさらな所に気に入ったものをひとつずつ揃えていきたいな。

やっぱり東方美人おいしいなぁ。。。

c0083889_5291664.jpg

[PR]
by hana_in-a-forest | 2015-03-19 21:28 | まなぶ | Comments(0)
台湾高山茶、新旧飲み比べ。
『日頃の雑多なことは忘れて、頭の天辺から足の先までお茶に集中する。』

そう言われて深呼吸をし息を整えると、本当にあれこれ考えていたことも
一瞬にして忘れられるから不思議~。
そんな空間がとても好き。

そうしていただいたお茶は、香りも味も敏感に感じられるような。。。
今日は特に茶杯に残る香りがフルーティーで♪

ホカホカのチャーシューまんに、お茶請けの蕗ピール。
どちらも美味しくてほっこり。
お茶もチャーシューまんも、湯気がごちそう♪

c0083889_118374.jpg

[PR]
by hana_in-a-forest | 2015-02-19 22:16 | まなぶ | Comments(0)
お気に入りの紅茶。
先月に引き続き、ヨーロッパにどんな風にお茶が伝わったかのお話~イギリス編。
その昔、薬として重用されていたお茶が、嗜好品としての飲み物にかわっていったとか。
一日に5回も6回もお茶を飲んでいたイギリス人って。。。

今日いただいたお茶で私が心惹かれたのは、滇紅珠茶。
ほとんどオレンジ色な茶葉からはとても甘い香り。
飲んでみると、まったりとしておいしい♪
久しぶりに食べたオランダケーキも美味しかったなぁ。

c0083889_2271377.jpg


やっと秋らしい涼しさになってきたし、
家でもお茶を淹れてほっこり出来る時間が増えそうだなぁ。。。
[PR]
by hana_in-a-forest | 2014-09-18 22:26 | まなぶ | Comments(0)
ヨーロッパとお茶。
びわかと思ったら花梨だって。
同じバラ科の果実だから似てるのかなぁ?

c0083889_17413353.jpg


今回のお茶は、寿眉(白茶)と恵明茶(緑茶)。
どちらも今年の4月下旬、雨後に摘まれたもの。
寿眉はとっても甘い熟れた香りがして、段々紅茶っぽく感じられて美味しかったなぁ。
そんな寿眉を飲みながらの肉味噌うどんもおいしかった♪

c0083889_1741518.jpg


日本の緑茶が最初にヨーロッパに輸出された先はオランダ。
遅れをとったイギリスも、その後の英蘭戦争で勝利をおさめ、
中国とお茶の貿易を始め、インドやスリランカでお茶の生産を成功させる。
今やイギリス人には欠かせない紅茶の歴史も垣間見て、
改めてお茶の歴史って奥深い・・・と感じたのでした。
[PR]
by hana_in-a-forest | 2014-08-21 17:52 | まなぶ | Comments(0)